2018年2月24日土曜日

本能

食に纏わるブログを巡っていると、エントリの記述内容を主観的視点から非難するコメントを目にします。場合によってはブロガー本人の人格攻撃へとエスカレートすることも珍しくありません。特に、飲食店の所感、評価が記されたエントリで、該内容が飲食店にとって批判ネガティブな場合、攻撃的なコメントが寄せられる確率は一層高まるように感じます。

この攻撃的なコメントの由来について少し考えてみます。

まず、具体例を以下に設定します。

あるブロガーが、
大通り沿いにあるよさ気に見える寿司屋を訪問し、ランチではあるもののそれなりの価格のおまかせを注文。
暖房が効いていなかったり、玉子焼きが冷たい、赤身の筋、マグロや雲丹が少し匂う等と記述。
寿司職人の話が聞き取り辛く、調理衣に清潔感が欠けていると指摘。
その一方で、店内に飾られている生花、鰹の漬け、ノドグロの炙り、干瓢巻き等は良評価。
といった内容でエントリを公開。で、
自分も行ったがそんなことはなかった。
店主の話は上手くはないが真摯な態度だった。
調理衣も新しくパリッとしていたしネタも決して悪くなかった。
どう感じようが勝手だが不快である
批判するコメントが寄せられていました。

この応答からどちらが事実かを判断することは不毛です。共にほぼ主観による評価ですから。第三者は、両評価を等距離に位置付けるべきです。エントリ本文中に写真が掲載されている分、信頼性がまったく同じというわけではありませんが、まぁ、一定程度信頼できる一方、同程度に信頼できないということです。

第三者視点に立ってコメントするならば、コメントは、”自分が行った時はそんなことはなかった。+[その説明]”までに留まるはずです。自分が見ている空の青さと、他人が見ている空の青さが同じとは限りませんから。

では、自身は高評価とした店に対する他者からの低評価が、
どう感じようが勝手だが不快である”
と口撃に駆り立てせしめるのはなぜしょうか。

ここで前提として、コメント者が当該寿司店となんら利害関係がない場合についてであると限定しておきます。

これまで、そういった場面に遭遇した際、
[自身が高評価とした店が他者から低評価を受ける]
=[自身の評価能力の否定]
引いては
=[自身の価値観の否定、自身の否定]
に繋がると受け止められそれが強い反発となって口撃に至るのでは、と思料していました。

しかしながら先日放送された
モーガン・フリーマン 時空を超えて・選「悪は根絶できるのか?」
の中で興味深い実験がありました。
人は生まれつき差別の意識を持っている
という考察です。

イェール大学のカレン・ウィン教授による実験です。赤ちゃんの前で、縫いぐるみAがクラッカー大好き、いんげん嫌い、縫いぐるみBがクラッカー嫌い、いんげん大好きという寸劇を見せた後、好みの縫いぐるみをA、B、どちらか選ばせるものでした。ほとんどの赤ちゃんは自分の好みと同じ縫いぐるみを選ぶだけでなく、好みの異なる縫いぐるみを罰したがる傾向も認められるようです。この選好は1歳以下の赤ちゃんで既に見られ、自分と同じ/異なる考えの持ち主への対応は幼いときから決まっている、とのこと。

正に先述のブログコメントの事例にも符号する話ではないかと思った次第です。
 
ヒトの
同調性と排他性は乳児の頃から生来の本能であるかの如く備わっている、という見方は手放しで鵜呑みにはできない部分を感じています。研究の更なる進展を期待しつつ、ただ、同調性と排他性がヒト生来の本能によるものとすると、なかなか厄介な話です。

”口撃的なコメントを送る”という具体的な行動に至らずとも、本能として、自らと同質なものを持つ相手には同調し、異質な相手には排他的な感情を抱くということですから。理屈ではなく。


(追記していきます)

2018年2月22日木曜日

統制

NHKの放送はPPV(ペイ・パー・ビュー)でなければならない
改めてそういった感を強く抱きました。連日、NHKから絶え間なくピョンチャン五輪の競技が放送されています。番組表は正にピョンチャン五輪一色という様相です。その一方、他のレギュラー番組は、単なる再放送を特別放送、アンコール放送と称した手抜き放送が続けられています。

恰も全ての視聴者がオリンピック競技の観戦を望んでいるかの如くの番組構成に違和感を禁じ得ないわけです。NHKの全てのチャンネル、番組の中で五輪関連の番組が占める割合と、全視聴者の中で五輪関連番組の視聴希望者が占める割合は相応していないのではないか、という印象です。

この、視聴者全員の総意、若しくはが視聴が義務であるかの如くの五輪関連番組の構成には、同調圧力と共に、異なった思想、言論を封じて統制社会へと向かわせる危うい空気の存在を意識させます。

オリンピックという多くの資源が投入されたコンテンツを否が応でも盛り上げざるを得ないメディアの立場が、挙国一致で国威の発揚を体現せんとする姿勢と重なって映ります。

特定の意に従ってのことか否かはともかく、メディアによる世論誘導、情宣活動というのはこういうものなんだろうなと。戦時の国家総動員法下、異論の封殺、言論の弾圧が行われた統制社会に蔓延していたであろう空気に通底する危うさを想起してしまいます。

メディアの専行による誘導、それに伴う全体主義的空気の醸成に歯止めをかけるためにも、NHKの受信制度へのPPV導入を強く求めます。

2018年1月25日木曜日

御用

【春日野部屋傷害事件】春日野親方や相撲協会に批判殺到「貴乃花を叩く資格ない」
まぁ、特段の驚きもなく、また一つ角界の日常が露見したか、といった程度の所感です。
善人
後盾
ただ、相撲記者クラブという幇間組合、及び所属記者は当該事実を知り得たかどうか、或いは隠蔽に加担していたのか、興味のある処です。NHKも含めて。

該ギルドが相撲協会と一蓮托生となり、協会の広報宣伝を担うことで相撲をコンテンツの一つとしてきたのは間違いありません。ただ、だからと言って冒頭の事案に見て見ぬ振りで口を噤んでいたならば、その不作為の姿勢を指弾されて然るべきと考えます。

角界に限らず、日本における記者クラブというカルテルの在り様が強く問われている事案ではないでしょうか。

2018年1月22日月曜日

善人

相撲界の一連の事案に関する報道を見ていると、しばしば相撲ファンに対するインタビュー映像も併せて放送されます。
──早く騒ぎが収まってほしい──
──いい取り組みを見せてほしい──
──横綱らしい相撲を見せてほしい──
軽い苦言程度で憤怒の声が全くないわけです。ああ、相撲ファンは無垢な善男善女ばかりだなぁ、虚心にそう思った次第です。相撲ファンは既に達観の域にあるのか、或いはそういった映像だけを取捨選択した印象操作なんでしょうか。

2017年12月29日金曜日

公平

12月に入り、NHK受信料を巡る訴訟において裁判所から二つの判決が下されました。
NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断
NHK受信料ワンセグ携帯も義務 支払いで、東京地裁
前者は放送法で規定された受信料制度の合憲性を争う訴訟で、”受信料制度は合憲であり、支払い義務はテレビ設置時から生ずる”、という判断を示すものです。後者は、ワンセグ機能付き携帯電話の所有が、NHKとの受信契約を結ぶ義務を生じせしめるかを争う訴訟で、”受信契約を締結する義務がある”との判断を示すものです。

NHKに関しては思う処が少なからずあり、上記判断と絡めて記してみます。


(1)大法廷判決 受信契約締結承諾等請求事件について

裁判長はこの程定年を迎える、寺田逸郎最高裁長官でした。退任に際し記者会見を行わない意向とのこと。個別の裁判についての質疑を受ける機会を極力排除したい、という意図なんでしょうか。本件も含め...

さて、上記判決書、及び、毎日新聞の判決要旨では、放送法64条で規定された、”受信設備を設置した者はNHKと受信契約を締結しなければならない”という契約の強制性についての合憲/違憲の判断が示されています。
前記の同法の目的を達成するのに必要かつ合理的な範囲内のものと して,憲法上許容されるというべきである。
立法裁量の範囲内で合憲とのことです。ここで、前記の同法の目的とは、”公共の福祉のための放送を行う”ことです。この目的を達成するにあたって従うべき原則が定められています。
1.放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
2.放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
3. 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。
不偏不党、真実及び自律の保障、健全な民主主義の発達ですか...

上記判決が公開された時、素直に首肯できない違和感を覚えたのですが、それがこの放送法の目的辺りに由来したものであろうことは間違いありません。恰も、この目的に対し現在のNHKの放送内容が適切であることを前提として下された判断、という印象です。主観に基づく見方であるのは否めませんが。

理屈としては、受信料制度の合憲性を争う訴訟において、NHKの放送が果たして公共の福祉に寄与しているか否かは別の問題、論点が違うと付されるのかもしれません。

判決文中では、”表現の自由の保障の下で、国民の知る権利を実質的に充足し、健全な民主主義の発達に寄与する”ものとして、放送の意義が規定されています。しかしながら、その意義を反映した放送の目的を適えるべく、実際の放送が行われているか否かの判断はされていません。

つまり、”健全な民主主義の発達に寄与する放送が行われているならば、受信料制度は合憲である。”という理解です。受信料制度の合憲性を争う前に、争いの対象となる条件を満たしているのか、ということです。

本来であれば、受信料制度の合憲性を争う以前に、健全な民主主義を発達せしめるという原則の下、放送が公共の福祉に寄与しているか否かが問われて然るべきと考えます。現行の放送が放送法を遵守したものであるとの判断は、受信料制度の合憲性を争うための必要条件です。

換言すれば、受信料制度が合憲であったとしても、それは無条件に是認されるものではなく、放送法によって限定された合憲ということです。例えば、戦前の戦意高揚、プロパガンダを目的とした、明らかに放送法に抵触する放送をNHKが行った場合、受信料制度を合憲と認めることはできません。

その一方で、受信料制度が違憲であると断じる意図はありません。NHKの事業運営の財源を受信者に求める原則部分についての異論はありませんが、受信設備設置者にNHKとの受信契約、即ち受信料負担を義務付ける、という運用部分には強い反発を覚えます。受信設備設置者、即、NHKを選好した視聴者とみなすことに飛躍というか横暴さが否めませんし、何よりNHKの放送法を遵守した事業者としての適格性についての疑義があるためです。

NHKは自身が行っている各々の放送が”民主主義の発達”に対しどう寄与をしてきたのか、或いは、放送法の目的を達成するためにどういった論理で放送を制作しているのかを受信者丁寧に説明し、理解を得る義務がある、と考えます。
受信契約者の知る権利を行使する以前の、NHKが率先して為すべき義務です。

”朝ドラ”、”大河ドラマ”、”アサイチ”、”ためしてガッテン”、”家族に乾杯”が健全な民主主義の発達にどう資しているのか...”ニュースウオッチ9”ですらドラマの番宣やポピュリズムを匂わせる情報がふんだんに盛り込まれていて報道というよりニュースバラエティの色合いが濃くなってきているように感じます。

付け加えれば、”健全な民主主義の発達”というのも曖昧な印象を禁じえません。ゴールというか到達目標、及び、現在位置と問題点について説明を求めたい処です。


又該判決文では、受信設備設置者間で受信料負担の公平を図るため、”受信契約の成立によって受信設備の設置の月からの受信料債権が生ずる”とするのが合理的と記されています。

これは受信設備設置と受信契約の期間の差異、同じ受信設備設置期間であっても受信契約期間の長短で受信料負担に差が生ずる不公平を解消するためです。しかしながら、そういった各々の契約間での受信料負担の公平性に配慮する以前に、優先的に公平性を保つべき問題が蔑ろにされているとみています。

放送法では、現在、受信契約は世帯ごとに締結するよう定められています。ここで、三世代同居で各々の世代毎にテレビを保有する世帯と、単身勤労者の世帯を考えてみます。

視聴者一人が得る情報の対価という観点では、前者の各人が後者より圧倒的に割安に情報を得ているのは間違いありません。前者が各世代二人で計六人、三台のテレビを設置し、個々のテレビで異なった放送(a,b,c)を二人ずつ視聴すれば、世帯全体の受け取る情報は(2a+2b+2c)です。一方、単身勤労者の世帯は同額の受信料負担でaかb、乃至はcに留まります。

更に言えば、一般的な単身勤労者が一日24時間の中で、一体どれだけの時間を放送の視聴に割くことのできるのか、勿論、学生、生徒も同様です。

”NHKは視聴しないから受信料を負担したくない、負担しない”ということではなく、視聴を希望する/しないに拘らず、現実的に視聴を制限される受信者という層が確実に存在するわけです。この層に属する世帯と、時間のやり繰りが可能で希望の放送を自由に視聴できる、例えば高齢の引退者の世帯に等しく受信料負担を義務付るというのも公平性を欠いていると言わざるを得ません。

この不公平さの是正はコンテンツ毎にPPVシステムを導入することで容易に解消可能です。受信者が希望のコンテンツのみに料金を支払って視聴する”、この方式が最も簡素で公平な形態です。技術的困難もないはずです。地上デジタル放送開始に伴って導入されたB-CAS方式により放送の限定受信は実現可能です。そのためのB-CASですから。

NHKのサイト よくある質問集には、”なぜ、スクランブルを導入しないのか”という疑問に対するQ&Aがあります。以下が、スカパー!やWOWOWといったいわゆる有料放送に倣って視聴希望者のみと個別に契約をするべき、といった声に対する回答です。

  1. NHKは、広く視聴者に負担していただく受信料を財源とする公共放送として、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割を担っています。
  2. 緊急災害時には大幅に番組編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。
  3. スクランブルをかけ、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにするという方法は一見合理的に見えるが、NHKが担っている役割と矛盾するため、公共放送としては問題があると考えます。
  4. また、スクランブルを導入した場合、どうしても「よく見られる」番組に偏り、内容が画一化していく懸念があり、結果として、視聴者にとって、番組視聴の選択肢が狭まって、放送法がうたう「健全な民主主義の発達」の上でも問題があると考えます。
この回答からは、各個人が受け取る情報に対して負担を強いられる対価の不公平さは解消されません。繰り返しますが、視聴したい/したくないではなく、現実問題として、したくとも視聴できない層が被る不利益に対して全く説得力が欠けています。”いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく”と大義名分を一方的に宣われても、時間的、位置的に視聴が適わない受信者が減少することはありません。

上記回答にある「健全な民主主義の発達」を謳うのであれば、こちらも先述した、”朝ドラ”、”大河ドラマ”、”アサイチ”、”ためしてガッテン”、”家族に乾杯”、更には”ブラタモリ”や、大相撲の他、NHK杯の名を冠する競馬、スケート、体操等のスポーツ、将棋や囲碁の対局中継が該民主主義の発達にどう寄与するのか、制作意図と共に丁寧で論理的な説明がなされるべきです。

勿論、短絡的にこれらの放送を否定する意図ではありません。ただ、面白い、興味深い、視聴者に求められてる、といった理由でNHKのコンテンツとして容認するのではなく、「健全な民主主義の発達」との整合性を問いたいわけです。

上に挙げた番組は視聴者に人気の番組ではあるものの、民主主義の発達への寄与を意図して制作されたものではないかもしれません。だからと言って、社会生活の基本となる確かな情報を提供したり、豊かな文化を育む番組としての適否の視点からも適切性に疑問符をつけざるを得ません。公共の福祉に対する有用性が明らかにされないままこれらの番組は放送され続けています。

”社会生活の基本となる確かな情報”、”豊かな文化を育む”では語義が曖昧過ぎです。こういった、なんとなく有用性のありそうな抽象表現ではなく、”社会生活の基本”、”確かな情報”、”豊か”、”文化”、”育む”の個別具体的な定義をした上で、目的を達成するに当たっての各々の番組の制作意図が開陳されて然るべきと考えます。これは、視聴者からNHKに知る権利が行使されてではなく、NHKに元来課せられた義務の一つとして、自発的に明示されなければならないことを付言しておきます。


追記していきます。

懸案3

前のエントリに続けて、ホルモンを快適に焼く器具として、上火加熱方式を採用した調理機器の可能性を検討します。

少し調べてみますと、様々な器具があることが判りました。大別すればカセットボンベを含むガスの燃焼エネルギを利用するタイプ、或いは電気を熱エネルギに変換するもの、といった処でしょうか。

適わぬ理想は炭火の上火加熱です。網の上におこした炭を載せ食材の上にかざせばいいのですが、ただ、食材への灰の降りかかり防止が困難です。

実現性がありそうな理想をカセットボンベを採用した器具として調べてみました。

実は本エントリを記すに当たり改めて上火加熱型の機器を調べてみた処、ニチネンからカセットボンベを使用した上火加熱型の遠赤グリルが新たに発売されていました。発売してまだ間もないためその評価はまだこれからのようですが、写真を見る限り加熱部の面積はそれほど広くないようです。円形状で直径30cmといったところでしょうか。

加熱部分の面積が十分あって、ホルモンが快適に焼けるようであれば、確実に地団駄踏んでました。新規に購入していたかもしれません。幸い(?)なことに該部分が求めているほど広くはないため、購買衝動を抑えることができました。

カセットボンベを使用する上火加熱型のグリルは、最近発売された該機種のみで、以前は見つかりませんでした。必然的にホースで都市ガス、或いはLPガスを供給して使うタイプに限定されます。

鰆や銀ムツ(マジェランアイナメ)の照り焼きを求めに訪れる仕出屋があるのですが、そこでは上火加熱型のグリルを使って照り焼きを焼き上げています。こういったタイプのグリルは、例えば、
赤外線グリラー上火式
で容易に見つかりました。ただ、この機器はキッチン据え置きになり収納できません。”開業する気か!”と周囲から非難されるのも確実で断念しました。

では、家庭での使用に適した、できれば収納可能な小型の機器となると....ないようです。。厳密にはリンナイパロマの好適そうな製品を見つけたのですが、既に販売終了でした。

前者はリンナイ製コンパクトグリラーR-3452-3でバーナーを回転することによって上火と下火を切り換えられるスグレモノのようでした。

実物は滋賀県の鮎茶屋かわせという鮎料理店見ることができます。














パロマからはPY-8という卓上型の業務用焼物器があったようです。
コンロ

発売日が1969年07月とありますからかなり古い機器で、こちらも既に販売終了...

結局、上火加熱型で、熱源にガスを使うタイプでは満足できる機器がなかった、ということです。以降、電気を利用した上火加熱型のグリルを検討することになるのですが、手詰まり感と共に熟考というか放置期間に陥りました。

上火加熱でホルモンを焼く電気機器としてザイグルは使えないか、という考えはありました。上火加熱型グリラーとして最初に念頭に浮かぶ製品ではありますが、試してみようという気に全くなれませんでした

その理由は、
1.最も重視すべき基幹部分であるヒータについての情報が不十分。
2.テレビやラジオの通販番組で取り上げられていた。
ことにあります。カーボンヒータ使用、出力1200Wとあってもグリルとしての能力を推測できません。カーボンヒータの仕様も放出される赤外線についても不明です。その一方、通販番組では恰も焼肉をするための完璧な機器であるかの如く喧伝されていて、一歩引いて見ていました。デモでもあって実機の性能を体感できれば話は違ったかもしれませんが、全く検討対象にしませんでした。

時は流れて....自宅で局所暖房用にコロナ社製コアヒートを使用し始めたのは3-4年前でしょうか。この暖房機は温度調節ダイヤルを最小にしても、ヒータから放出される遠赤外線で局所暖房として十分な暖を取れます。搭載されているBC(ブラックセラミック)コーティングシーズヒーターが高性能なんでしょう。ヒータを赤変せずとも暖かさを感じました。

その後、ネットのどこかでこのヒータで焼き芋ができる、という話を見ました。改めて検索してみると、コアヒートでサツマイモを焼いているいくつかの画像を探すことは容易でした。ただ、この時はまだ”このヒータを使ってホルモンを焼く”ことまで繋げられませんでした。

しばらく、”高性能の暖房機”という見方から脱することができませんでしたが、今10ー11月頃ようやく、
”暖房機に搭載されている多量の遠赤外線を放出するヒータを、横向きにして上火の熱源にすればホルモンが快適に焼けるんじゃないか?
という思いが頭を過った次第です。特段なにかきっかけがあったわけではありません。本来ならばもっと早く気づけたはずですが、結果としてこのタイミングが後で功を奏することになります。

メーカのサイトを見てみると、コアヒートスリムの基幹部材であるヒーターについてその特徴が記してありました。上述のBCコーティングシーズヒーターで、
遠赤外線を発するシーズヒーターに、高輻射ブラックセラミックコーティングを施し、人体に吸収されやすい3~20ミクロンの遠赤外線がよりたっぷり放出される設計になっています。
とのこと。”人体に吸収されやすい”、即ち”肉を焼くのに適している”と理解しました。ただ、コロナ社からは該ヒータを利用した調理器具は製品化されていませんでした。

そこで、遠赤外線の放出効率の高いコーティングシーズヒーターを探してみた処、
遠赤外線ヒーター(セラミックコーティングヒーター)
遠赤外線シーズヒーター
等が見つかりました。この辺りの適当なヒーターを入手できれば自作も可能と考え、これを選択肢の一つとしました。同時に、高性能のヒータを採用した電気式暖房機であれば、ヒータの特性、仕様が詳述されている、という部分に着目し、コロナ社以外の暖房機についても調べてみました。

その結果、”アラジン”ブランドを擁する日本エー・アイ・シー株式会社が、自社技術による遠赤グラファイトヒーターを採用した、多彩な電気式暖房機を製品化していることを知りました。更に、上火式調理器具まで...

飛びついたのは勿論です。

正にこういったものを作ろうとしていたわけですから。ただ、該遠赤グラファイトヒーターは部品として入手不可能のようで、前記遠赤シーズヒータを使う以外選択肢はありませんでしたが。

上記”功を奏した”というのは該製品の発売日が2017.10.16だったということです。発売日がもう少し遅かったら自作に踏み切り、年の瀬の今頃にっちもさっちもいかなくなって途方に暮れていたかもしれません。

問題の使用感ですが、煙の発生、脂の飛散はありませんでした。ただ逆に食材が僅かに焦げることで加わる香ばしさにはやや欠けた感があります。相反しますからこれは当然です。最初に食材を載せた後、焼き上がるまで従来のガス火やホットプレートの場合より、時間がかかるようにも思いましたが、それほどの待たされ感はなく、又、焼き進める中に気にならなくなりました。

まだ使い始めたばかりであり、更に使用を重ねて評価すべきですが、現時点では概ね満足している処です。

2017年12月25日月曜日

請求

年の瀬と言えばクリスマスケーキ、おせちでありノルマと自腹購入です。先行している年賀状も該当します。そこで民放の番組によく登場するのが”大手コンビニ”です。”大手コンビニ”というコンビニチェーンがあるのか?

大手コンビニの匿名社員、匿名アルバイト...真実性に疑義が生じるほど実名が全く秘匿されています。プライバシーに配慮とか当事者が被る不利益を防ぐ、ということなんでしょう。
”実名を明かさないことを望むなら、広告宣伝費や番組協力費を出せ。”
と聞こえるのは空耳かもしれません。

ところで、槍玉に挙がるのは殆ど大手コンビニです。親会社、関連会社に位置づけられるスーパー他の流通会社からそういった話が全く出てこないのは何故なんでしょうか。