2017年11月22日水曜日

狡猾

勿論、更なる精査が必要ですが...

10月5日付、毎日の記事です。
愛知7区 山尾氏、1人で「討論会」 別の予定者は欠席 至学館大主催
至学館大学が衆院選を前に愛知7区の立候補予定者である民進党を離党した山尾志桜里氏と自民党鈴木淳司氏の討論会を開いたようです。

で、
鈴木氏はスケジュールを理由に欠席し、山尾氏単独で行われた。
とのこと。事実を記事にすれば、まぁ、そういうことなでしょう。なんとなく、鈴木氏が討論を避けたかの印象を抱かせる文です。”スケジュールを理由”という表現が、”スケジュールを理由として”、”スケジュールを盾に”を連想させるためでしょうか

同じ意味でも、”スケジュールが合わず鈴木氏は欠席となっため、山尾氏単独で行われた”とは与える印象が微妙に異なるような気がします。この文ならば討論を意図的に避けたような憶測は生じません。

事実はよく判りませんが、”スケジュールを理由に”という表現には意図を感じます

更に、至学館大学という場が果たして両氏が討論する場として公正な場か否かを鑑みた時、疑念が脳裏を掠めるわけです。該大学の学長は谷岡郁子氏で元民主党所属の参議院議員です。小沢一郎氏がかつて旧民主党に所属していた時、小沢氏の引きで民主党から出馬、当選した覚えがあります。

一方の、山尾志桜里氏も、”2009年、当時民主党代表だった小沢一郎にスカウトされ”民主党から出馬、衆議院議員に当選とあります。

現在、三人全てが旧民主、民進から離れていますが、谷岡、山尾両氏はいわゆる小沢チルドレンとして、旧民主党の政権奪取時、同じ政党に属する国会議員だったという認識です。単に席を並べただけなのか、同じ釜の飯を喰っていたのかは存じませんが。

やはり、山尾氏の対立候補である鈴木氏にとっては、討論の舞台となる至学館大学はアウェイである、とみるのは妥当な処かと。”虎穴に入らずんば虎児を得ず”との言葉もある一方、”飛んで火に入る...”も十分想定されます。

大学という政治不介入の場を装いながらも、真に中立か否かの疑義が完全に払拭できない舞台に催された討論会です。のこのこ赴いて山尾氏のイメージ戦略に利用されることもあり得ない話ではありません。

選挙戦略的に欠席は妥当な判断であり、”スケジュールを理由に”が口実であったとしても驚きませんし批判される話でもないと考えます。鈴木氏を支持、不支持はともかく、”まぁ、そういうことなんだろう”という受け止めです。

一方、山尾氏側にとって鈴木氏の欠席は何ら不利益はありません。むしろこの欠席を、山尾氏との討論から逃げた、と印象づける恰好の材料として利用できます。つまり、かつての同僚議員が学長を務める大学での討論会という企画自体が山尾支援に繋がっているということです。

穿った見方をして、むしろ鈴木氏の欠席を織り込んだ討論会だった、との勘ぐりも捨てきれないでいます。日程的に開催日ぎりぎりに参加を要請すれば山尾氏の一人舞台が作り出せます。憶測に過ぎませんが事実であれば卑劣この上ない印象操作です。

付け加えれば記事中の、
大学側によると、鈴木氏にも学生からの質問状を送ったが、4日午前までに回答がなかったという。
参加した4年生の竹内嘉奈子さん(22)は「国会で議論されていることを若者目線で分かりやすく話してくれてよかった。自民党の人がいなかったのは残念。いろんな意見を聞きたかった」と話した。
も唐突というか取ってつけた感を否めません。前者はどんな質問をいつ送ったか、質問状が届いたかどうかも不明なままです。”回答がなかった”、即ち、学生、有権者を軽んじていることを印象づけるための前置きのように感じられます。後者は山尾氏を持ち上げつつ鈴木氏の欠席を暗に批判、しかも名を出さず”自民党の人”という不自然な表現です。

メディアが自身の
主張を第三者に代弁させ、それが恰も大多数の市民の考えであるかの如く読者に同調圧力をかけていく...しばしば露見する印象操作の手口です。極まりない不快感を抱きます。

2017年11月4日土曜日

接待

11/5に来日する米国トランプ大統領を安倍首相は和牛ステーキなどの鉄板料理でもてなす予定であるとのこと。

USビーフではなく和牛ですか...
”日本の牛肉旨いだろ。USビーフより。
と和牛を誇示、宣伝するするつもりなんでしょうか。USビーフって米国の輸出戦略において重要な品目ではなかったかと。

ここはやはりウォールマートの資本が入っている西友のUSアンガス牛で接待するべきです。更に、ステーキ店では質の確認?品定め?のためソテーする前の肉を来客に見せることがよくあります。お約束です。この時ですね、スチロールのトレイに入ったままで、包装用ラップフィルムには”最終価格”のシールが貼付してあれば言うことなしです。

2017年11月3日金曜日

校則

ファーストドーター?であり米国大統領補佐官のイヴァンカ・トランプ氏が来日しているわけですが、大阪府の教育委員会、及び府立懐風館高等学校の関係者は黒髪染めを強要すべきです。
――たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる――
金髪に染めているという理由で入国を許容しない意志を表明する責務があります。”地毛が茶色であっても黒髪以外は認めない”高校が存在している日本国です。金髪に染めて日本に入国するなど言語道断、そういった姿勢を貫くべきではないでしょうか。
――たとえ頭髪が傷んでも、頭皮がかぶれても黒髪に染めてこい。でなければ修学旅行にも参加させない。来日などもっての外だ。――
当人に帰さない理由で公から被る不利益には強い反発を感じます。人権侵害も甚だしく、一体どこの三等国の話なんだと...この上ない失望感を禁じ得ません。

2017年10月15日日曜日

混乱

先のエントリで、衆院選は愛知7区有権者の民度、倫理観が問われる選挙ではないか、と記しました。

が、ナンダコレ...愛知7区の候補者を見て唖然としました。
山尾志桜里氏(無所属)鈴木淳司(自民)の二名しか出馬していない...一体何を選択しろって?

正に野合と呼ぶべき露骨な結集であり、そういった選挙戦略を採る野党に不快感を禁じえません。

災い転じてという印象ですが、山尾氏が民進の先行きを見越しての不倫疑惑を口実とした離党であったならば、その先見性というか深謀遠慮に脱帽です。

2017年10月9日月曜日

応報

大人気ない、というか一国の宰相がこれでは残念です。報道は事実なんでしょうか。衆院選へ向けた首相の遊説日程を事前に公表しない状況が続いているとのこと。
「安倍辞めろ」コール 首相「負けません」 演説日程非公表続く
首相の街頭演説に対するヤジや妨害を警戒してとの指摘があります。
━こんな人たちに負けるわけにはいかない━
前の都議選で応援演説の際、「帰れ」、「辞めろ」コールをした反安倍グループに対する発言です。大きな批判を呼び、これが都議選で自民党が大きく議席を減らした理由の一つともされています。

同じ轍を踏まないためということなんでしょうか。

でですね、事前に遊説日程を公表しないで一体誰に話をしたいのか。偶然そこに居合わせた人々へのゲリラ遊説なんでしょうか。或いは、”街頭演説をした”という事実が残ればそれで十分なのか。よく判りません。

自身、これまで国会の場で、とても宰相にそぐわない野次を幾度となく飛ばしておきながら、自らが曝さらされる側に立とうとしない、その身勝手さに落胆します。
これは酷い!安倍首相の過去のヤジ・・・
”友人を大切にしよう”は習っていても、”他人の厭がることはしない”って教えられなかったのか。家庭教師から。
平沢勝栄議員、番組でヤジ謝罪。でも「本当に女性が書いた文書ですか」【保育園落ちた日本死ね】
無理か...

売り言葉に応える買い言葉で失言を避ける目的もあるのかもしれませんが、それはそれで、自身の感情を抑制できないようで為政者の責務が果たせるのか、と率直に感じます。

2017年10月2日月曜日

応答

ここの処、録音音声によるアンケートの電話が度々かかってきます。世論調査のためか選挙や、見込み客を探すためか太陽光発電や新電力に関するもののようです。

付き合う義理など全くないため当然ガチャ切りしていますが、先日留守にしていた時のことです。留守電を入れておいたのですが、帰宅後、電話アンケートが録音されていました。


”ただ今出かけております”から始まる留守電のメッセージ
VS

録音音声による電話アンケート

互いに一歩も譲らず、といったところでしょうか。相手の言い分に全く耳を貸すことなく、一方的に自分の主張を言い放つ...某永田町でも似たようなやり取りを見聞しますが、あれも実は録音音声なのかもしれません。

で、今後音声認識やAI技術に伴って、AI搭載留守電とAI搭載電話アンケートのやり取りへと進んでいくのかも、と思った次第です。AI搭載電話セールスも登場、自宅のAI搭載電話が迎え撃って断りの応答を返すと。オレオレ等詐欺電話にもAI搭載電話が対応...AIは欺かれることなく対応できるのでしょうか?そして遂にはAI詐欺電話が...

ヒトを置き去りにして電話回線を通したAI同士の対決へと移っていくわけです。ここまでくると全く無駄なのは間違いありません。人の意志が全く反映されませんから。技術資源の浪費です。セールス電話拒絶AIや詐欺電話撃退AIの有用性は対ヒトの場合まででしょうか。

ただ、コンピュータ将棋のように、セールス電話AIとセールス電話拒絶AI、詐欺電話AIと詐欺電話撃退AIのやりとりは傍で聞いてみたい処です。勿論不毛なやり取りでしょうが、AI同士の対決は関心を抱かざるを得ない部分です

2017年9月30日土曜日

偽装

衆院愛知七区(瀬戸、大府、尾張旭、豊明、日進、長久手、愛知郡)を通ると、未だ”民進党 山尾志桜里”のポスターが随所で目に入ります。偽装離党だったのでしょうか

で、動静に関心を寄せていたら、
山尾氏の復党視野? 前原代表、愛知7区は擁立せず

山尾氏への対抗馬見送り=共産愛知【17衆院選】
とのこと。
連合愛知、山尾氏推薦見送り 週刊誌報道で距離置く考え
連合は推薦見送りのようですが、それでは愛知七区の民進系地方議員、運動員は何もせず傍観するのかを考えると、やはろ山尾支援に回るであろうことは容易に想像できます。非公式なものかもしれませんが。自民党対立候補への投票や棄権は、まぁ、あり得ないだろうと。
装離党じゃねーか!
この選挙で当選を果たし、禊を済ましてキレイな体で実家に戻ろうという腹づもりだったのでしょう。ところが実家が白旗上げて離散しようとしているわけです。じゃ、民進の身売り先への合流はどうかというと、野望の党の専制君主は、
リベラル派は排除する
安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限
と高らかに宣わっていてそれも適わず...

この梯子の外され方にもある意味感慨深いものがあります。残された選択肢は、変節か、或いは、リベラル系無所属、共産党所属、(結成されれば)リベラル系新党参加、辺りでしょうか。

1.変節すれば非難の嵐に曝されます。

2.組織を持たないリベラル系無所属議員というのも存じません。あり得るのでしょうか。

3.元検察官の共産党系議員というのも奇異な印象です。かつて共産党員だったナベツネみたいな?

4.小池専制君主から排除された旧民進議員による新党に参加し社民の轍を辿るのか。

ただ少なくとも、山尾支持=民進共産支持であることは留意すべきと考えます。

先日、山尾氏地元支援者に対する説明の報道を目にしました。
「本人がやってないっていったらね、やってないのよ」(女性)
「世間を見りゃね、そんな男と女、たっくさんいるよ」(男性)

信者とサクラの集会なのか?
来る衆院選は、愛知7区有権者の民意が示されるというより、民度、倫理観が問われる選挙ではないでしょうか。関心を持って見ていきたい処です。